うちの猫さまの日々のドタバタ、まったりの様子をご紹介します
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2年
2015年03月08日 (日) | 編集 |
レオンさんが逝ってから2年



レオンが亡くなってからにゃんこさんの補液を
自宅でしている飼い主の方がけっこういることを知りました

私のいとこもたくさんの猫さんを飼っていて
その中の子がレオンと同じような病状であると言っていたのですが
危ない状態になったとき自宅で補液を続けたらだいぶ持ち直して
歩けて食べれるまでになったと聞き、もしかしてレオンにも
それをやってあげてればもう少し生きられたのか、苦しまずに済んだのか?
と複雑で哀しい気持ちでいました

どうしても最後の方は病院へ連れて行くのさえかわいそうで
自宅でそっとしておいてあげたいとなってしまっていましたので・・・
まぁどちらがレオンにとって良かったのかなどわからないのですが
私の中でわだかまりとなっています
今さらそんなことを言ってもどうしようもないですが
人間も動物も病気になった時にその家族は無知ではダメだといっそう思いました
お医者さんを信用しないわけではないけどその病気のことを勉強して
程度はありますがこれはどうかなど提案出来ることは大事なことだと思いました

レオン、むこうでの生活も慣れたでしょうね
レオンさ~ん、はなは今月レオンがなれなかった3歳になっちゃうよー
追い越されちゃったにゃあ~
しょーがないね
たんちゃんとはなを見守っててね



              しょーがないにゃ







お手数ですが・・押してもらえるとうれしい
    にほんブログ村 猫ブログへ
       にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
megちゃん、こんにちは。

レオンさん、もう二年になるんだね。
忘れられないよね。
私も同じ・・・
楽しい毎日を過ごしていても、
ふっといなくなったあの子のことを思い出す。

補液は私もやっていたけどね。
大人しく受けてくれる子ならいいけど、
スッタモンダで大変で、補液の時間がストレスになる場合も。

いろんな教訓を踏まえつつ、
今の子に愛情を注ぎ、たんちゃんを想う。
それでいいと思うよ♪

たんちゃんとジジが楽しく遊んでくれてたらいいなぁ。
2015/03/10(火) 17:18:44 | URL | ひっとん #-[ 編集]
色付きの文字
こんにちは。
レオンさんが旅立って2年。
妹分のはなちゃんが3歳、たんちゃんも5月で11歳。
2ニャンには、レオンさんの分も頑張って長生きをしてもらわなくては!ですね・・・。
レオンさんのお写真をみて、なんだか懐かしくなりました。
2015/03/11(水) 21:55:29 | URL | あねき #-[ 編集]
v-354 ひっとんちゃん こんにちは
来てくれてありがとねi-185

そうだね、補液もストレスになる場合もあるかもね
レオンはいつまでも可愛くてイケニャンでやんちゃ・・
私の側にいると思ってるよ
幸せな時間をくれたことありがとうって思ってる

ひっとんちゃん、また来てね
私も遊びに行くねi-236
2015/03/12(木) 12:51:06 | URL | megnyanlove(Re:ひっとんちゃん) #-[ 編集]
v-354 あねきさん、こんにちは

もう2年経っちゃったなぁ~って感じです
今でも思い浮かぶのはイケニャンでやんちゃな姿・・
変わらず可愛いヤツです(ふふッ親バカ)

はなが病気もなく3歳を迎えてたんちゃんも元気で11歳
レオンが見守ってくれてるんだろな・・と思います
2015/03/12(木) 13:00:10 | URL | megnyanlove(Re:あねきさん) #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/03/13(金) 07:05:22 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック